今日の紙屋町は、恐らく自粛明けからの休日の中で一番の人の出で大変賑わっているようである。
少なからずの不安はあるものの、なんとも見てて嬉しい。
さて、話はまったく違うが今日は少しだけこだわりの話を。
歯科診療では、歯の被せや義歯を作るために型取り(印象といいます。以下、印象)は、いわばルーティンな作業で、これがない日はないと言っても過言ではない。
印象材(型取り材)にも幾つかの種類があるが、一般的にはアルジネートを用いたシリコンを用いたものに分けられる。両者の大きな違いは、硬化後の寸法精度(歪みの量)が異なることである(シリコン印象材>アルジネート印象材)。
とりわけ、アルジネート印象はその経済性、取り扱いの容易さから、一般診療における印象材としては代表的な材料で第一選択で利用されている。

Quint Denal Gate キーワード 「アルジネート印象材」より

このアルジネート印象では、粉と水を混ぜ練和した後に使用する。

現在、歯科診療室の多くでは、このアルジネート印象材の連和には、オート化、標準化、はたまた脱手作業というか”機械”による自動連和が主流になっている。 私たちのクリニック、というより私の臨床(30数年)では,頑なに”手”、人の手による練和を行っている(義務づけている)。
慣れない人がこの印象材を手で練和をすると、混和が不十分であったり、練ったものに気泡が入ったりする。 また、これらに気をとられ、のんびり作業をしていると印象材はたちまち固まる。 「固まった」 もちろん、やり直し…。 これから夏場を迎えるが暑い季節と冬のような季節とでは、硬化までの時間がまるで違う。 このため、迅速さを変えたり、混ぜる水の温度を変えたりといったことが必要になってくる。 新人のスタッフが戸惑うのはまずこの作業で、とことん練習してもらうことにしている。
熟練したスタッフでは、迅速かつ変幻自在に練り具合を変え練ることができる。

機械で練れば、それはもう気泡など入らず綺麗に練り上げてくれる。 それはよく知っている。だけど、しません。

なんで、手練りにこだわるかはスタッフにもあまり説明したことがないが、
理由は下記のとおり。

印象材の硬度(混水比:水を混ぜる量を僅かに変えるを変化させる)を印象採得の診療シーンで変えるため。 連合印象といった別の寒天印象材による材料を併用して使う場合と義歯を製作するための概形印象とでは、印象材の硬さを変えて使用するするから。 これらは、結局は患者さんの印象時の負担軽減につながる場合がある。
また、少量だけ必要な場合など、材料の無駄遣いを減らすため。 わずかであるが混ぜる水の量(混水比)を変えると、印象材の寸法精度が悪くなるのではと考えられる人がいるかもしれない。 この点は、下記の実験で検証されていて適切なアルジネート印象材の商品であれば、寸法精度にはあまり影響はないといわれている(念のため)。

文献:平口博子ほか:高齢者へ の訪問−歯科診療における印象の消毒処理方法に関する研究一アル ジネート印象材の混水比が模型の寸法精度および変形に及ぼす影響一:歯科材料・器械 21(6):13−322, 2002.

そして、これはきっと科学的根拠なんてものはないが、 人の手で練ったものをきちんと患者さんの口の中に納めたい。 これが一番大きい。

コンビニの機械が作ったおにぎりより、 人の手できちんと握ったおにぎりの方が断然美味しいと思うガンコな歯医者のこだわりである。