本年4月以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、テレビ局が放送する番組もドラマをはじめ再放送ものが増えた。
そんな中、広島のテレビ局で夜半に再放送を行っていたTBSドラマ『JIN-仁-』を初見、見事にはまり最終話まで連夜、視聴した。
その第二話(命を救うことの悲劇)、江戸に狐狼狸(コロリ)・コレラが大流行するという話の冒頭場面に目が釘付けとなる。
朝、主人公の仁が歯磨きをしている場面に”房楊枝”が映し出されたのだ。

*記事中画像は、TBSドラマ『JIN-仁-』より引用

房楊枝は、柳などの小枝を20㎝ほどに切り、その先端を煮て鉄鎚で叩いて繊維を出し、針の櫛ですいて柔らかいブラシ状にしたものである。その反対側にあたる柄の先は先端部を尖らせて舌の汚れを落とす”舌こき”として使われたとされる(下記、ドラマ中の画像丸枠内)。


江戸中期より、歯磨き粉(塩を主原料とする)とともに庶民の間に広がったお口の清掃用具である。

歯の博物館
https://www.dent-kng.or.jp/chishiki/museum/hakubutukan/hamigakisyu/hamisyu1.htm
江戸時代の歯ブラシは?|公益社団法人神奈川県歯科医師会
https://www.dent-kng.or.jp/museum/ja/hanohaku02/

ドラマでは、この房楊枝を使っている場面で、綾瀬はるか演じる橘咲(たちばな さき)に感染症の概念(感染は細菌により起こる)を説明しているのが印象的であった。

この時代に歯を磨く目的は、主に汚れを落とし口臭を防ぐことを目的とされ(細菌を取り除く、疾病予防の考えはない)、粋な遊び人であることの証とみなされていたようだ。

以前、アメブロ拙記事にも、この房楊枝をとりあげたので、ご一読いただければ幸いです。

■Amebaブログ にしなか歯科クリニックblog
歯ブラシ探訪 「ようじ(楊枝)」から眺める歯ブラシ・歯磨きのルーツ